mark

江戸時代の米蔵が、「SAKE BAR 圓谷」になりました。

名古屋の城下を流れる堀川の西側「四間道」の一角で、美味しい日本酒と日本酒に合う肴をご用意しております。

米蔵そのままの雰囲気を残した店内は、レストランスペース(32席)とBARスペース(20席)に分かれ、ご利用目的に合わせて異なるシーンをお楽しみいただけます。

日本酒が好きな方も、これから日本酒を知りたい方も、圓谷で「日本酒の文化」に出会ってみませんか。

 
 
top img 03

「和醸良酒(わじょうりょうしゅ)」には2つの意味があります。

ひとつは「和は良酒を醸す」
蔵人のチームワークが良い酒を造るという意味です。

圓谷を運営する蔵元の関谷醸造は、人の和によって造られる美酒を目指して
日々酒造りに努力を続けています。

もうひとつは「良酒は和を醸す」
良い酒を囲みながら仲間や友と語り合うことで、そこに和が生まれます。

圓谷は、名古屋の城下を流れる堀川の西側「四間道(しけみち)」の一角にあり、
築150年ほどの米蔵を改装した、酒を語るにふさわしい雰囲気のお店です。

店内は米蔵ならではの土壁とむき出しの柱に囲まれて、「和」と「歴史」を感じて頂くことができ、
酒の席や会話を更に楽しいものにしてくれます。

そんな圓谷で、美酒と酒を引き立てる肴やお料理をご提供することで、
お客様の和を創り出していきたいと考えています。

日本酒の文化と美酒、日本酒に合う肴が、皆様のご来店を心からお待ちいたしております。

お知らせ